So-net無料ブログ作成
検索選択

有利な結婚は時間との勝負 [婚活]


結婚相手に求める条件として、一番に考えるのは年齢だと思います。


同じ条件、同じ位の容姿の人が、29歳で婚活を始めるのと、40歳で婚活を始めるのとでは、どちらがお相手を見付けやすいでしょうか?


そして、どちらが婚活にとって有利でしょうか? つまりモテるでしょうか?


例外はあるとしても、一般的には若い方が有利です。


そこで、婚活を始めてから結婚に至るまでの時間を短縮するために、違うタイプの結婚相談所・結婚相手紹介サービス業に複数登録することをお勧めします。


そのことによって、結婚に至るまでの時間を短縮し、より有利な活動をすることができます。


35歳で婚活を始めて40歳になったという例はよくあります。



35歳から40歳というのは、婚活にとって大変大事な時期です。


この時期に自分を多くの人に売り込まないと、ただただ漫然と婚活しているだけでは、どんどん自分にとって不利になります。


もし複数登録するなら、違うタイプの結婚相談所・結婚相手紹介サービスをお勧めします。


結婚情報サービスを提供しているところに登録しているなら、もう一つは仲人型の成功報酬型の結婚相談所が良いでしょう。


結婚情報サービス型は、入会時の費用や月会費が高く、成婚料がないシステムです。


長く在籍しているとかなりの金額になります。


「全国仲人連合会」は入会金や月会費が安く、結婚が決まったら成婚料を払うシステムなので、結婚情報サービス型と同時に登録するには最適です。


時間が掛からずに結婚が決まるということは、それだけ自分の希望に合う相手と巡り合うということです。


早く結婚が決まれば、トータル的には却って費用も押さえられるかも知れません。


繰り返しますが、婚活で重要なのは年齢=時間です。


複数登録で可能性を広げましょう。


お問い合わせはこちら 




共通テーマ:恋愛・結婚